NEWS

2021-05-21

ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”

ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ” ANREALAGE EXHIBITION “AとZ” ANREALAGE EXHIBITION “AとZ” ANREALAGE EXHIBITION “AとZ” ANREALAGE EXHIBITION “AとZ” ANREALAGE EXHIBITION “AとZ” ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”

アンリアレイジの軌跡を「言葉と服」で辿る展覧会『AとZ』が、 5/22より三菱地所アルティアム(イムズ8F)にて開催。言葉で埋め尽くされた壁のスリットから服を覗き、ブランドの思想に迫る。

「ANREALAGE(アンリアレイジ)」は、2003年にデザイナー森永邦彦によって設立されてから、今に至るまで、ファッションは日常を変える装置と捉え活動を続けてきました。2014年パリコレクションデビュー、2019年度第37回毎日ファッション大賞受賞、2020年イタリアの世界的ファッションブランドFENDIとの協業をミラノコレクションにて発表するなど、2021年ドバイ万博日本館の公式ユニフォームを担当するなど、国内外問わず活動の幅を広げ、ファッションを通して常識を覆す驚きを大切にしてきました。「非日常とは、非現実的なことではなく、日常の中で見落とされてしまった些細なこと」と語る森永。日常に潜む非日常をすくい取り、一見対極にある事象を、概念に捉われることなく境界を揺るがすように発想転換し、1着の洋服として表現してきました。本展では、アンリアレイジの初期から最新のコレクションを「言葉と服」で歩みを辿ります。テーマとコンセプトが服づくりの根幹とするアンリアレイジ。その制作は、形や素材、色ではなく、言葉を決めるところから始まります。森永の言葉で埋め尽くされた壁。常識を疑い、深く考え抜かれた思考の先に、どのような服がみえるのか。スリットから覗くようにお楽しみください。言葉と共に、18年の歩みを振り返ることで、アンリアレイジの根幹にある思想に迫ります。 


【展覧会開催概要】
タイトル : アンリアレイジ展覧会「AとZ」 
       ANREALAGE EXHIBITION “A&Z” 

会場   : 三菱地所アルティアム(イムズ8F)
     福岡市中央区天神1-7-11イムズ8F アクセスはこちら
          TEL. 092-733-2050(10:00 - 20:00)

期間   : 2021年5月22日(土)~7月4日(日) 10:00~20:00 
   ※休館日6月15日(火) 

入場料 : 一般400(300)円、 学生300(200)円、 高校生以下無料、 再入場可 ※( )は前売料金(チケットぴあ) 

※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員は無料 
※当面の間、団体入場割引きはいたしません。会場内の混雑・密集を避けるため入場制限をおこなうことがございます。

主催   : 三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社 

後援   : 福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団 

※状況により変更・中止する場合がございます。ご来場の際は、アルティアムのウェブサイト(http://artium.jp)を必ずご確認ください。 
 

【展示内容】
01. GROUND (2021)
天と地が逆転した世界。洋服の模様は肩付近に集まり、襟は逆立っている。コロナ禍のデジタル形式でのパリコレ発表を逆手にとった。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”

02. HOME (2021)
「家のような服。服のような家。」2mのソーシャルディスタンスを確保し、体全体を守る家に変化、骨格部分を外し、紐を引っ張ると、家は服に変化する。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”


03. BLOCK (2020)
円柱や半円柱、直方体、三角柱などのパーツを組み換え洋服をつくる。積み木遊びがインスピレーション。デザイナーではなく、着る人が洋服をつくり、遊ぶ。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”

04. DETAIL (2019)
「サイズの固定概念を揺さぶりたい。」服の一部分である袖口や襟、ポケットを拡大し、1着の服に仕上げた。異例的にショー前に公式インスタグラムで発表した洋服のパーツ画像は、クローズアップではなく、300%拡大された実物の洋服であった。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”

05. CLEAR (2019)
「淀みを透き、曇りなく晴らす。」太陽光で黒に変化し、蛍光灯で透明に変化する新素材を、三井化学と共同開発。対極にある黒と透明を1 着の中に共存させた。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”

06. REFLECT (2016)
スマートフォンでフラッシュ撮影すると反射によって「実像」と異なる表情を見せる「画像」。写真を撮るためスマートフォン越しの鑑賞に夢中になる観客の姿を逆手にとった発想。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”

07. ◯ △ □(2009)
ファッション業界で常識としてきた「体に合う服」から離れ、「体に合わない服」を徹底的に考え抜いたコレクション。球体や三角錐、立方体の衣服は、人が着ることで、新たな造形を生み出す。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”
08. PATCHWORK (2005)
ブランド初期に顕著に見られる手仕事へのこだわり。アンリアレイジの服づくりの思想を示す言葉「神は細部に宿る。」細部に目を向けることで、みえるものを追いかけた。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”

09. BIODEGRADATION (2019)
植物由来の糸を織り交ぜた服を土に埋め、微生物が服を食べ、穴を開ける。人工的にコントロール不可能な穴が生まれる。左から生分解0日目、15日目、30日目。フランスLVMHPRIZE」のファイナリストに選出。
ANREALAGE EXHIBITION “AとZ”
--------------------------------------------------------------------------------

【関連書籍“AとZ ― アンリアレイジのファッション】
著者 : 森永邦彦(ファッションデザイナー)
仕様 : 新書判・206ページ
定価 : 900円(税別) 
発売 : 2020年12月10日
発行 : 早稲田大学出版部 

--------------------------------------------------------------------------------

日本語