NEWS

2021-03-08

ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22 “GROUND”

ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND”
ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND” ANREALAGE Autumn-Winter 2021-22  “GROUND”

COLLECTIONページ

 

「天と地」 

 

 天は世界を覆う。それは非日常。 
 地は世界を支える。それは日常。 

 天と地が一つだったころ、非日常と日常を隔てるものは何もなかった。上と下が分かれ、空と地面ができ、非日常と日常が生まれた。 

 天と地の間に人は在る。 
 人は天に生まれ、地に生きる。 
 上下に分かれた世界を人がつなぐ。 

 2021‐22年秋冬コレクション「GROUND」は、人が依って立つ足元を見つめた。空と大地の間で人が祈り、人が還るホームグラウンドをつくった2021年春夏コレクション「HOME」が出発点。HOME(家)に還り、その足元に在ったのはGROUND(地)だった。 

 GROUNDは人が立つ場所。 
 GROUNDは人が還るところ。 
 GROUNDは日常の礎。 

 コロナ禍がもたらしたデジタルのファッションショーは、軽々と世界の距離を縮める一方、すべてをフラットにした。画面の中は天と地もなく、重力と質量までもが消えた。 

 「GROUND」はデジタルの中で、重力と質量を取り戻すコレクション。天地逆転がそれを可能にする。 
ランウェイを歩くモデルの足は天に支えられる。重力が反転し、服のドレープや模様は地から天へ引き寄せられる。重さが軽さになり、軽さが重さになる。 

 等間隔に並ぶ水玉柄、市松柄、千鳥柄、花柄、星柄がすべて重力に逆らって地から天に向かう。裾は柄がなくなり無地にかわり、柄はすべて肩に寄る。 
 洋服のディテールも本来あるべき場所から解放され、天に引き寄せられる。腰ポケットや腰ベルトは肩に寄り、ボタンやスタッズなどの細部も、自由な場所に浮遊する。ポケットのフラップは上にめくれ、靴紐やリボンや襟が逆立つ。 
 本来下にある裾は肩の上までめくれ上がり、普段見えない服の裏地があらわになる。めくれ上がった服の表と裏の隔たりがなくなる。やがて服の上と下の隔たりもなくなり、襟と裾が共存する。 

 天と地の亀裂は、非日常と日常の境目。 
 見過ごしてきた光景がここにある。 

 天と地が二つに分かれても、それは交じり合うことはできる。 
 天が地になり、地が天になる。 

 非日常を日常に変えたいと天に祈る。 
 そして、日常を非日常に変えたいと地に願う。 

2021年3月8日 ANREALAGE 森永邦彦 



音楽はサカナクション・NFの山口一郎氏と同じくNFの青山翔太郎氏が参加。1800年代にフランスを中心に活躍した作曲家ジャック・オルフェンバックによる「天国と地獄」に対して、サウンドエフェクトやビートを加え、自在にアレンジした。「クラシックでありながら現代的。対極の時空にある二つの音楽が一つの空間の中で混じり合うことで、天と地の共存を目的とした今期のテーマに相応しい楽曲が誕生した(森永邦彦)」 

 

日本語