NEWS

2022-11-30

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

DESIGN MUSEUM JAPAN展  集めてつなごう 日本のデザイン
DESIGN MUSEUM JAPAN展  集めてつなごう 日本のデザイン DESIGN MUSEUM JAPAN展  集めてつなごう 日本のデザイン DESIGN MUSEUM JAPAN展  集めてつなごう 日本のデザイン DESIGN MUSEUM JAPAN展  集めてつなごう 日本のデザイン DESIGN MUSEUM JAPAN展  集めてつなごう 日本のデザイン

東京・六本木の国立新美術館で開催された展覧会『DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン』に森永邦彦が参加した。日本各地に点在する、素晴らしい『デザインの宝物』を所蔵する館や組織をネットワークし、その集合体を〈デザインミュージアム〉と呼ぶという理念のもと、鹿児島県の奄美で祭祀を司った女性祭司ノロが着用した装束「ハブラギン」を取り上げた。

『ハブラギン』は着る人を守るという強い意志が込められた衣服。そもそも奄美には蝶を大切にする文化があり、彼らはそこに先祖の霊魂が乗っていると考えています。ハブラギンを構成するのは三角の布ですが、これも蝶をモチーフにしたもの。その布にいろいろな方々の思いがこめられ、それが着る人を守る。我々のファッションとしての洋服とは違う、人の命を守るための象徴としてのパッチワークを展示した。

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

日本語