NEWS

2019-02-08

FEB.2019 A LIVE UN LIVE

FEB.2019 A LIVE UN LIVE
FEB.2019 A LIVE UN LIVE FEB.2019 A LIVE UN LIVE FEB.2019 A LIVE UN LIVE FEB.2019 A LIVE UN LIVE FEB.2019 A LIVE UN LIVE FEB.2019 A LIVE UN LIVE

この度、2019年2月9日(土)~5月26日(日)の期間、森美術館にて開催される、森美術館15周年記念展「六本木クロッシング2019展: つないでみる」に本展の為に製作をした作品「A LIVE UN LIVE」を展示する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

 

本展のための新作インスタレーション《A LIVE UN LIVE》では、生命のように形状が変化する、低沸点液体を用いたパウチモーター(Liquid Pouch Motors)と、光の反射の角度に伴い色彩が変化する、再帰性反射機能を持った分光素材が使用されています。

 

東京大学の川原研究室と新山研究グループが開発したパウチモーターは、電子制御で自由な形に印刷された袋の中に揮発性の液体が封入された、薄く軽くやわらかいモーターです。封入された液体は34℃で気化するため、人の体温や日光、外気などの熱エネルギーで駆動し形状を変化させます。

 

本展示では、春夏秋冬、それぞれの季節を象徴する花が施された4体の洋服の温度が制御され、配置された花のコサージュは1分ほどでしぼみ、2分ほどかけてゆっくりと花開きます。花の形状変化に伴い、光の反射角が変化するため、花の色彩は形状と共に変化を続けます。

 

会場音楽は、「音時計」をコンセプトにサカナクション山口一郎とNF青山翔太郎が楽曲を制作しました。時計の針が廻るように4体の服を中心に音が旋回し、四季をテーマに制作された4つの音源が、1時間ごとに変化していきます。また、各楽曲の音のパーツも時計の短針や分針のように周期的に変化するよう、放射状に設置されたスピーカーからマルチトラックで出力されています。“時間と音”の関係を、ぜひ会場で体感してください。

 

Liquid Pouch Motors:JST ERATO川原万有情報網プロジェクト
Light Interaction Design:Rhizomatiks
Flower:アトリエ染花
Sound Direction:山口一郎(Sakanaction/NF) 青山翔太郎(NF)
Manequin:株式会社七彩

 

【展覧会概要】
展覧会名: 森美術館15周年記念展「六本木クロッシング2019展: つないでみる」
会  期: 2019年2月9日(土)〜2019年5月26日(日)
会  場: 森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
開館時間: 10:00-22:00 | 火10:00-17:00
※会期中無休
※いずれも入館は閉館時間の30分前まで
入館料金 : 一般1,800円/ 学生(高校・大学生)1,200円 / 子供(4歳〜中学生)600円/ シニア(65歳以上)1,500円

 

主 催: 森美術館
企 画: 椿玲子(森美術館キュレーター)、徳山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)、熊倉晴子(森美術館アシスタント・キュレーター)

 

森美術館ウェブサイト

 

 

ANREALAGE exhibit a new installation 《A LIVE UN LIVE》at “Mori Art Museum 15th Anniversary Exhibition Roppongi Crossing 2019: Connexions” created especially for this exhibition. 
Collaborated with KAWAHARA LABORATORY and exhibit the clothes which shift forms and colors like living organisms. They are Applied material which deploys liquids with a low boiling point and spectroscopic material  to 

-----------------------------------
New installation for this exhibition 《A LIVE UN LIVE》 used Liquid Pouch Motors with liquids that have a low boiling point which shift forms like living organisms, and spectroscopic material with retroreflective function which changes color depend on reflecting angle. 

KAWAHARA LABORATORY and Niiyama LABORATORY developed Pouch Motor includes volatile liquid inside of freely shaped pouch by electronic control and light thin soft motor. The liquid evaporate at 34℃, so the shape changed by the body temperature, sun light, or any outside heat energy. 

In this exhibition, the temperature of 4 dresses with flower corsages representing spring, summer, autumn, and winter are controlled and the flowers close in 1 minutes and bloom in 2 minutes. 
The color of flowers keep shifting since the reflecting angle of light changes with the movement of flowers.

Music was created by Ichiro Yamaguchi of SACANACTION and Shotaro Aoyama of NF based on a concept of ”sound clock”.
Sound turns around 4 dresses as hands of clock turns, and music created for 4 season shifts per an hour. 
Each music played from speakers placed radially by multi-track. Please enjoy the interaction of music and time.

Liquid Pouch Motors: JST ERATO Kawahara Universal Information Network Project
Light Interaction Design: Rhizomatiks Reserch
Flower: Atelier Senka
Sound Direction: Ichiro Yamaguchi (Sakanaction/NF) Shotaro Aoyama (NF)
Manequin: NANASAI CO.,LTD.

日本語