NEWS

2017-10-01

ヨコハマ・パラトリエンナーレ「echo」

ヨコハマ・パラトリエンナーレ「echo」
ヨコハマ・パラトリエンナーレ「echo」 ヨコハマ・パラトリエンナーレ「echo」

ダイアログ・イン・ザ・ダーク檜山晃とライゾマティクスリサーチ真鍋大度/石橋素、アンリアレイジ森永邦彦が感覚に関する対話を通して、「echo」をテーマに空間と呼応する服を製作。
光を受け取り空間を認識する目とはまた異なる感覚で空間を「みる」体験が待ち受けています。今回の「echo」では目で光を受信してみることとは異なり、服自体が信号を発し、距離を計測することで空間を認知し、その反応が振動として自身に返ってきます。
服自体が発信し空間との距離を感じる「echo」を通して、今までに感じたことのない空間の知覚方法を体験、思い巡らす、体験型展示となっています。また、空間を外側から巡ることで、奥に展示された「echo wear」をご覧いただき、服を通して作られた空間を観て楽しんでいただくことができます。

「echo」鑑賞スペースでは、人間の知覚をテーマに対話と実験を繰り返して制作した服と空間を展示します。振動子を身体の中でも最も振動が受け取りやすい骨に近い部分を中心に4箇所設置し、距離センサーを内蔵した「echo wear」は自らの前後、左右の空間について距離をもとに新たな関係性を作る服となっています。
象の鼻テラスの屋上に作られた空間を巡り、「echo wear」の反応を感じることのできる展示を用意しております。

「echo」体験スペースでは一人ひとり「echo wear」を身にまとい、象の鼻テラスの屋上に組み上げられた空間内を歩くことで、視覚・聴覚とはまた違った方法で空間を知覚する感覚を体験することができます。
(体験の事前予約は満席となりました。ごくわずかとなりますが当日券の詳細は後日発表いたします。)
距離による振動の感覚を中心に場が設計され、今までにない服と空間の呼応関係を体験することで、新しい視点で空間と身体を感じる場となっています。

日程:10月7日(金)~9日(日)
会場:象の鼻テラス屋上
タイムスケジュール:
7日 16:00~18:30 / 19:50~21:00
8、9日 16:00~16:30 / 17:30~19:00 / 20:00~21:00
体験時間は上記時間内の約10分です。(体験時間の詳細スケジュールは予約フォームをご覧下さい)
※体験予約は満席になりました。
参加費:無料
※上記以外の時間は会場で別のパフォーマンスが行われます。

echoサイト

日本語