NEWS

2018-08-31

AUG.2018 荒木飛呂彦原画展

AUG.2018 荒木飛呂彦原画展
AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展 AUG.2018 荒木飛呂彦原画展

国立美術館で開催される「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」で、アンリアレイジと漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のコラボレーション作品が展示されます。会期は8月24日から10月1日まで。

ANREALAGE
WEAR THE POSING,WEAR THE STAND
-ポーズを纏う。スタンドを纏う。-

「WEAR THE POSING」
-ポーズを纏う。ジョジョ立ちした服-

直立姿勢を基準として設計される洋服を、
『ジョジョ立ち』姿勢を基準として設計し直しました。

服のフォルムは回転するように捻り、
袖の角度は別方向へ湾曲し、
服自体が特異なポージングをしています。

袖を通すと洋服の形にあわせて、
身体が完璧なポージングに導かれ、
自然と『ジョジョ立ち』をすることができます。

『ジョジョ』特有の非日常的な人体のポージングを、
洋服の造形へと置き換えた作品

「WEAR THE STAND」
-スタンドを纏う。光で浮かぶスタンド模様-

人の知覚を超越し、スタンド使い以外の目には
捉えることができない存在である「スタンド」。

一見真っ白に見える服には、人の目で見ることができない
不可視領域の光の波長による「スタンド」を潜ませています。

スタンドは、光があたった瞬間、目に見える存在となり、
また光が消え去ると、目には見えなくなり、存在を消します。

作中において描かれる日常と非日常の交錯を、
服の光と陰に置き換えた作品。

服を照らせ、そこにないものを見るために。

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」
会期:2018年8月24日(金)〜10月1日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
開館時間:10:00〜18:00 (金土〜21:00)
※入場は閉館の30分前まで
※完全日時指定制、詳細はウェブサイトを参照
荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

日本語